読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

アトピー改善途中経過 No.4

食生活報告

ここ最近は常に1日2食の日々が続いたが、シルバーウィーク中は一時的に食生活が変わった。友人としばらく旅行に行っていたからだ。

食事制限のマイルールとして「誰かと食べに行く時は好きなものを食べる」と決めていた。制限キツ過ぎると心が折れそうだったし。そんなわけで旅行中は普通に揚げ物や肉、菓子類を度々口にしていた。ただしジュースは控え、水分はミネラルウォーターか豆乳から摂るようにした。 一応サプリも継続した。

旅行中に元の食生活に戻してみる

最近実践していた1日2食。昼はプレーンヨーグルト400g、夜は油少なめ野菜中心の食事。食事制限の日々を過ごしながら、私はあることが気になっていた。それは「元の食生活に戻すとどうなるか?」という点。ちょうどいい機会だと、旅行中に試してみることにした。

私にとって旅行の食事は大きな楽しみのひとつ。旅行で食事を制限するとなると、旅の楽しみも激減してしまう。何より「食事制限してるから遠慮しとくわ」と食事の度に興を削ぐようなマネをしたくなかった。

旅行のついでの一種の実験だった。意識的に「ちょい不健康」な食生活を送ってみる。糖質、揚げ物、肉、酒...約1ヶ月避け続けたモノを普通に食う。3食きっちり食う。腹八分目以上食う。消化時間とか考えずに普通に食う。食いまくった。

朝昼夜と普通に食べ、夜は酒も飲んだ。合間にはご当地の甘味も食べる。水分は摂りたい時に摂る。食事制限前と同じような食生活を5日ほど送った。

なんかアトピー酷くなった

結果から言うと、アトピーが一時的に悪化した。

  • 胸、腰、手の甲を含む広範囲の痒み
  • 掻き壊した箇所の修復が遅く、浸出液が出る
  • 皮膚表面の象皮化(ゴワゴワ&乾燥)

たまたま悪化期に旅行に行ったから酷いことなったのか。あるいは旅行中の食事や生活リズムが悪化のトリガーになったのか。それは分からない。

個人的な体感だが、多分浸出液に関しては水分の摂り過ぎが関係しているような気がする。旅行前は掻き壊しがあっても、すぐにカサブタになっていた。浸出液が多い時期は過ぎていたはず。なのに旅行中に浸出液が出始めた。

甘味や酒のせいで喉が乾く。制限なく水をガブガブ飲む。一日1.5Lほどミネラルウォーターを飲んでいた。明らかに飲みすぎ。胃液も薄まって、消化能力も落ちていたか?

広範囲の痒みの原因はなんだ?症状に波があるので、一概に旅行が原因だとは言いにくい。もしあるとすれば、ヒスタミンを多く含む魚介類や酒か?よくわからん。

象のようなゴワゴワ皮膚の原因は、ひとつだけ心あたりがある。入浴後は毎回しっかりと保湿していたのだが、一回だけバタバタしてて自然乾燥させてしまった。次の日に、皮膚の状態は悪化していた。ガサガサのコナフキン状態に。

すぐに風呂に入って落屑寸前の皮膚を全て洗い落としたものの、キーボードを叩いている今でもやや乾燥が酷い。

体調面

今は少し胃が重たく、朝の目覚めが悪いような気がする。

食事制限を始めた頃のような糖分への欲求とか、頭痛などが起こっていないのが幸いか。ある意味悪化したのがアトピーだけで良かった。

体重は当然増えた。あんだけ食えば普通太るわな。1日2食を続けていれば勝手に落ちる範囲なので、気にしないことにする。そもそもダイエット目的じゃないし。

とりあえず食事制限を再開。体感的に食習慣が悪化の原因っぽいような気がしてるので、もうちょっと続けてみようと思う。

仕事続けているうちに良くなればいいなぁ。せめて痒みだけでも。