カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

討ち死に寸前のiPhone4SをiPhone6に買い換えた話

4年ほど使っていたiPhone4Sがいい加減ポンコツになってきた。電源残り30%から急に2%になるし。ゲーム入れたら起動した瞬間落ちるし。動作が重すぎて文字入力すら満足にできないし。

それと傷が目立つようになっていた。最後の方はケースも保護フィルムも使ってなかったから、当然っちゃ当然なんだけど。よく落とすし。

ボロボロのiPhoneを使っていると、職場の人とか友達に心ない言葉を浴びせられる。「最近よく狙撃されるの?」とか「どこの事故現場で拾ったんだ」とか「頭おかしい」とか。みんなヒドくね?

そこまで言うことないじゃん、て思うの。兄弟のお下がりを使う同級生をからかう小学生と一緒のメンタルじゃないか。長く使うのは素晴らしいことなのに。

ちなみにそのiPhone4Sはこんな状態。

f:id:wn_trinity:20151007202725j:plain ホームボタンが家出したっきり帰ってこない。割れた画面が少し逆立っているのでたまに指を切る。

ついでに裏面も。
f:id:wn_trinity:20151007204041j:plain
軽量化に成功。熱を持っている時に内部を触ると火傷しそうになる。

正直言うと、もう限界だった。むしろこんなんでよく動いてたな。

SoftbankショップにiPhone6Sを買いに行った

カンボジアでも使う予定なので、海外で使えるSIMフリーでないと困る。都合のいいことに、最近発売されたiPhone6SはSIMフリー版が普通らしい。というわけでSoftbankショップにiPhone6Sを買いに行った。

「すんません、SIMフリーのiPhone6Sのが欲しいんですけど」と店員さんに尋ねると、「半年先にならないとショップでSIMフリー版は解禁されないんですよ...。申し訳ございません」と言われてしまった。そうなのか、知らなかった。

私が少しがっかりしていると、店員さんは「もし今すぐSIMフリー版をお買い求めになるのでしたら、AppleStoreでなら購入できますよ」と続けた。

「そこでiPhone6Sを買って、この店舗に持ってくればいいんですか?」と聞くと、「ええ。ただ、SIMの規格変更に3000円掛かります。 お客様のiPhone4SのSIMだと、大きさが違うのでiPhone6SのSIMカード端子に差し込めないんです。ですので、こちらで変更していただく必要があります」と店員さんはにこやかに答えた。

その足でAppleStoreに向かう

本体買うだけだし、たいした時間はかからんだろうとタカをくくりながらAppleStoreに向かう。しかし私は忘れていた。中国では大型連休の真っ最中だったということを。

店内は家族連れの中国人でごった返していた。店内店外で写真を撮りまくり、子供は階段に座りこみ、ディスプレイされたデバイスに何人も群がっている。そしてレジまでは長蛇の列。

こりゃちょっとヤバいか?と思いつつ、店員さんに様子をうかがってみる。店員さんは申し訳なさそうに「今日明日の予約分しか用意しておらず、飛び込みでの購入はかなり難しいと思います」と答えた。まいったな、2連続で出鼻をくじかれてしまった。がーんだな。

今日欲しいと思ったら今日のうちに手に入れたい!という性格の私は、諦めきれなかった。なんとしても、今日のうちに新しいiPhoneが欲しい。SIMフリーのiPhoneが欲しい。この際iPhone6Sでなくても構わん。

悩んだ結果、iPhone6のSIMフリー版を中古で購入することにした。

今度は中古PCショップに向かう。

店員さんに「SIMフリー版のiPhone6はありますか?」と尋ねると、手慣れた様子で商品棚まで案内してくれた。「今は在庫が2つしかないっすね。64GBのシルバーか、16GBのホワイトだけっす。個人的には64GBの方が便利だと思いますよ」と言いながら、商品棚のロックを外す。

私が使っているiPhone4Sの容量が64GB。音楽や写真程度ならこの程度でまったく困らない。たいして考えずに「んじゃそれください」と購入を決めた。新古品でお値段85000円。こんなもんか?

ついでに透明なケースと保護フィルムも購入。

再びSoftbankショップへ

「iPhone6買ってきたんで、SIM変更の手続きお願いします」と店員さんにお願いする。最初に接客してもらった店員さんと同じだ。できればチェンジをお願いしたかった。なんか恥ずかしい。

身分証明書を見せるだけで、特別な手続きは必要なかった。ただデータ移行は自分でやらなきゃいけないらしい。面倒くせぇ。

「ところで質問なんですけど」ひとつ気になったので質問した。タブレットで手続きを続けながら、店員さんは「なんでしょうか」と答える。

f:id:wn_trinity:20151007202725j:plain

今回は関係ないんですけど、このiPhoneって下取りキャンペーンの対象になるんですかね

「いやー...これは、ちょっと」

無理ですと即答しない接客業の鑑。笑顔が素敵だ。苦笑いでも素敵だ。

なんやかんやでiPhone6デビュー

でっかい。はっやい。さっくさく。これならiPhoneからでもMarkdownで記事が書けそう。

古いiPhone4Sどうしようか。寺に持って行ったら燃やしてくれんのかな