読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

ついにカンボジア到着。分かってたけど暑い

クアラルンプール国際空港にて

06:00起床。昨日からクアラルンプール空港内のホテル、Sama Sama Exspressに宿泊していた。綺麗なホテルのおかげかぐっすり眠れた。シャワー浴びたり荷物を整理したりして時間を潰しつつ、予定どおり07:00チェックアウト。

とはいえ搭乗開始は08:25から。それまで中途半端な時間がある。どうやって時間を潰そうか。

優雅に朝食を…はダメだ。クアラルンプール - プノンペン間は約1時間程度しか掛からないのに、なぜか普通に機内食が出るからだ。二重にメシは要らぬ。

じゃあコーヒーで飲んで時間潰せばいいや、と思い空港内のスタバに向かう。

価格表記はマレーシアの通貨であるリンギット単位。空港だしドルでも大丈夫だろ、と思ってコーヒー1杯分をドル札で払おうとしたら「ダメです」と断られてしまった。じゃあカードで、と払おうとすると「20リンギット以上じゃないとカードは使えません」とのこと。

ちなみにこの時1リンギットあたり¥26.51。つまり、クアラルンプール空港内のスタバでは¥1,124以上の買い物でないとカードが使えないということ。コーヒー1杯じゃどうにも足りない金額だったために、スタバを諦めたという次第だ。地味に高いよ。

最終的にはゲート横のベンチでスマホをポチポチして時間を潰していた。Belloさんに着いてから英語で自己紹介するシミュレーションをしたり、パズドラしたり、地球の歩き方を読んだり、パズドラしたり。

そうこうしている内に搭乗時間。ほぼ満席だ。見た感じ中国人が多いような気がした。そしてやたらと冷房が効いてる。ぶっちゃけ寒い。Tシャツ一枚の人もいるんだけど、絶対寒いと思うくらい。上に羽織れるスタジャン持ってて良かった。

機内食は焼きそばと紅茶。朝にはちょうどいい感じ。ほどなくしてプノンペン国際空港に到着。あっというまだなぁ。

プノンペン国際空港に着いてから

空港に着いて最初にすべきこと。それはビザの取得だ。観光ビザとかビジネスビザとか色々あってややこしいんだよな…。しかもしょっちゅう書式が変わるらしいし。今回も地球の歩き方に載っていたフォーマットと違ってたし。おかげでテンパったわ。

私は「働きながら1年以上の滞在を予定」という立場のため、事前の調べではBusiness Visaでいいはずなんだけど…おかしい。申請用紙にBusiness Visaという項目がない。いくら探してもない。あれ?

とりあえずビザの種類の項目だけ空欄にして、窓口に「すんません、ビジネスビザってどこにチェック入れたらいいんですか」尋ねてみた。すると職員は『Ordinary Visa』と書かれた場所を指差す。ホントにこれなのか...と思いながらも、言われた通りの所にチェックを入れた。申請用紙とパスポートを窓口のおっちゃんに手渡す。

「写真は?」と聞かれたが、あいにく持っていなかった。「じゃあ2ドル払って」と言われ、そのまま支払う。「あっちの列に並んどいて」と促される。あれ、写真撮影とかしなくていいのか?よく分からないが、言われた通りに列に並んで待つことに。

列に並んでしばらくすると私の名前が呼ばれ、パスポートと一緒に青い紙が手渡された。これがビジネスビザらしい。思ったより結構ペラッペラだなぁ。

お次は入国審査。クアラルンプールで搭乗時に手渡される『Arrival Card(入国カード)』とパスポートを入国管理官に手渡す。大したやりとりもしないまま、そのままあっさりと通過。

そして最後に荷物の受け取り。海外の移動において、これが一番ヒヤヒヤする瞬間かもしれない。万一にもロストバゲージという事態にもなれば、薬・衣類・便利グッズの一切が使用不可能という無理ゲーに陥ってしまう。結果的に私の荷物は普通に受け取れたんで良かった。一安心。

全部の手続きを済ませた後は、いよいよBelloの北浦さんと合流。待ち合わせ場所である空港内のCosta Coffeeに向かおうとするが...暑い。マジで暑い。飛行機内がやたらと寒かったんで、ジーパン+Tシャツ+スタジャンの格好でプノンペンに降り立ったんだけど…30℃を舐めてた。いやマジで。速攻で汗だく。もともと汗っかきなのもあって、すぐに背中がぐっしょり。

すぐに北浦さんと合流はできたのだが、やっぱり「それ(スタジャン)、脱いだら?」と若干半笑いで言われた。脱いだ。30℃の中スタジャン着てるとめっちゃ汗をかくのでみんな注意してね!!!(ファイナルマジキチスマイル)

カンボジア第一歩目、Belloに到着

ひとまずはタクシーでBelloへ。

trattoriabello.info

用意して頂いた部屋に荷物を置き、昼食もBelloで。以前食べた時と変わらず、パスタやピザが美味しい。特にサラダは野菜が新鮮なのが嬉しい。こんだけ暑いとシャキシャキ感が身体に染み渡る。

一息ついたとこで必需品を揃えるためにお出かけ。右も左も分からない中、BelloのスタッフであるAlizaさんに案内して頂いた。何から何までありがとうございます。

まず最初に、カンボジアでの通話用にSIMカードを用意。Smart社のプリペイドSIMカードを使うことに。けど、これってどういう料金形態なのかよく分からないんだよなぁ...とりあえず店でSIMカードを3ドルで買ったが、チャージとかどうすればいいんだろう。一応電話はできたんだけど。後でこのサイトを見て勉強しとこう。

01.カンボジアでSIMカードを購入しよう! | サムライカレープロジェクト カンボジア インターン型起業体験

その後はカンボジアでの足、つまりバイクを借りにいくことにした。中古車の故障リスクを考えてのバイクレンタルである。「バイクレンタルならEMCがいいよ」と、今度は北浦さんに案内してもらうことに。ホントもうありがとうございます。

EMC モーターバイクレンタル | カンボジア クロマーマガジン

AT車の方が安かったのだが、どうやらMT車の方が丈夫らしい。とりあえず月70ドルで125ccのMT車を借りた。教習の時に乗ったCB400SFとは作りがちょっと違う。まず左のクラッチレバーが無い。ギアのシフトアップはつま先、ダウンは踵で。なんだこれ。

とにかく乗って慣れるしかない。跨ってエンジンスタート!結構エンジンの振動を直に感じる。走り始めてみるとあら不思議、それほど違和感がない。カンボジアの交通事情に慣れていないが故の怖さはあるが、運転そのものは全然大丈夫そうだ。唯一不満があるとすれば、シフトペダルのつま先とカカトがちょっと離れすぎていることぐらいか。シフトチェンジする度に左足を前後に大きくずらす必要があるのがなぁ...まぁ乗ってる内に慣れるか。

再びBelloに戻る。時間が空いていたので、軽く自室の掃除することに。私に用意された部屋の奥にシャワートイレがあるため、誰かが使う場合は私の部屋を横切らなければいけないらしい。自分の荷物をバラまいていると邪魔になるので、ある程度は整理して綺麗にしておかないと。

そして一息

現在、予定どおりBelloさんの上階を間借りさせて頂いている状態だ。それに店のWi-Fiを使わせて貰っているので、こうしてブログの更新も出来ている。ネットも寝床もあるならば、十分過ぎるほどの待遇だ。後はカンボジアの暑さに慣れれば問題なし。あっつい。

しかしまぁいずれは外でも通信できるようにしておきたい。外でGoogle Map見れないとおちおち遠出もできやしないし。一応アナログの地図も頭に入れておくけども。ネットで調べて、明日にでも外でもモバイル通信できる環境を整えておこう。

現在の時刻は18:00、ディナータイム。今はBelloの2階席でチーズの焼ける香ばしい薫り楽しみながら、この記事を書くためにキーボードを叩いている。なんかぜいたく。今日は疲れたんで、近所で買い物してゆっくり休もう。明日からはプノンペン商業銀行で口座開設して、リバーサイドを中心に街中をバイクで散策する予定。体調を崩さないように、気をつけねば。