カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

カンボジアに着いてからアトピーの状態が良くなってきた

すっかり忘れていたというか、自分のアトピー状態についての記事を書いていなかった。完全にサボってた。

良くなっているか悪くなっているかで言うと、良くなっている。これは間違いない。画像を見て頂ければ、一発で分かると思う。

これが2016/01/23の左手の状態。以前に別の記事でアップした画像。

f:id:wn_trinity:20160128194642j:plain

大体の人から「大丈夫?」って聞かれるぐらい、手首から手の甲まで赤く隆起している。目立つのが一番イヤなんだよなぁ。痛いというよりはカユい。寝てる間に搔き壊して流血、なんてことも珍しくはない。

それが今はこんな感じ。

f:id:wn_trinity:20160329164134j:plain

赤みが引いたのが一目瞭然。なにこれビックリ。

こっちに来てからの生活習慣

日本にいる間はオーガニック、水素水、断食...色々試してた。溺れるものはエセ科学をも掴む。じゃあカンボジアに着いてから何をしていたかと言うと、正直なんもしてない

ブログであんだけ食生活が大事なんだ!って声高らかに主張しといて、むしろ今は健康的とは言い難い食生活を送っている。

朝食は食べたり食べなかったり。パン、ピザ、パスタとかの小麦粉類は毎日のように食ってる。サラダはレストランでたまに頼むくらい。砂糖断ちも止めた。普通に砂糖たっぷりの現地で売ってるヨーグルトジュースも飲んでるし。

毎日の入浴に関しても同じだ。カンボジアではシャワーで済ませるのが一般的。湯を張って浸かる習慣どころか、もともとバスタブがない国。私はあれほど「アトピーは入浴も考えなきゃいけない!」と御託を並べていたが、今はほぼシャワーだけ。髪も身体も石鹸で洗うスタイル。

ていうか汚い話だが、たまに風呂に入らない時もある。皮膚を清潔に保っているワケでもないのに、なぜかアトピーは良くなった。これいかに。単純に私が住んでた部屋がダメだったんだろうか。

日本にいた時は乾燥が酷かったので全身にワセリンを塗っていたが、今はほぼ何も塗っていない。人と会う予定のある時だけ、傷が目立たないように手の甲にワセリンをちょろっと塗る程度。

現在のアトピー状態

完全に治ってはいない。赤みは引いたが、相変わらず全身のカユみは残ったまま。寝ている時に搔き壊してるから困る。

膝周り、肘周り、首、そして胴体。未だに皮膚は全体的にゴワゴワした感じ。掻くとボロボロ皮膚が落ちていく。それでも良くなっているのは間違いないので、皮膚がガンガン生まれ変わっている、ターンオーバーしまくっていると前向きに考えよう。

ちなみに完治した箇所はまぶた。一時期は浸出液が出たり粉を吹いていたりしていたが、今はその影も形もない。起き抜けに奥二重のまぶたが一重になることもない。やったぜ。