読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

これからはアクセスアップ狙いの露骨な記事を増やしてみる

雑記 はてなブログ:お題 カンボジア

f:id:wn_trinity:20160523195359j:plain

人によってブログを書く理由は色々だ。ビジネスのPR、アフィリエイトでの広告収入、知り合いへの近況報告。単なる日記としてその日の出来事を書く人もいるだろう。

私の場合、今んとこ知り合いへの単なる近況報告がメインだ。この日はこんなことがありましたー、ていうだけ。記事ごとの文章量はそれなりに多いと思うが、内容自体に大した価値はない。芸能人じゃあるまいし、たかが一般人の生活模様なんぞ、誰も興味がないのだから。

道でいきなりその辺のおっさんに「ワシな、昨日エスプレッソに砂糖めっちゃ入れて飲んでん。どう思う?」とか言われてもさ、「どーも思わねぇよ。つーかお前誰だよ」以外の感想出てこないでしょ。いま私がグダグダとブログ書いてるのは、それと一緒だと思うワケです。

このブログで一番人気のある記事(2016-05-23時点)

ブログで一番わかりやすい反応といえばアクセス数だ。このブログだと、最近は1日あたり80〜100弱ぐらいをウロウロしている。

ちなみに、いま一番アクセスが多い記事はこれ。

wn-trinity.hatenablog.com

1日の半分のアクセスをこの記事だけで稼いでる。Google検索でゼロカロリーコーラについて調べるとこの記事がヒットするらしく、そっから流入してるっぽい。

このブログ、タイトルにカンボジアって入れてるのに...全然関係ない記事が一番人気って。笑える。たぶんだけど、人口甘味料について長文のブログ記事載っけてるトコが少ないんだろうなぁ。

ぶっちゃけもっとアクセス数が欲しい

なんだかんで、色んな人に記事を読んで貰えるのは嬉しい。私目立ってる...うふふ。って感じに、増えるアクセス数を眺めて毎日ニヤニヤしたい。

そのために何が出来るか、色々と考えてみた。

炎上必至の記事を書く

f:id:wn_trinity:20160523195806j:plain

最近はまとめサイトとかアフィブログとか、割と偏った個人メディアが一般的になった。そこでよく見かけるのが、いわゆる「釣り記事」というヤツ。

あえて読者の神経を逆撫でするような煽りタイトルにしたり、読者が叩きやすいように上から目線で小馬鹿にした内容にしたり。怒りや嗜虐心をくすぐる内容で、反射的にクリックさせるというテクニック。こういうのは、だいたい炎上とセットになる。

「まだ日本で消耗してるの?今すぐカンボジアに移住するべき7つの理由」とか「海外在住の日本人はバカばかりで困る」とか。こういうのって、タイトルだけで読者に「なんだとこの野郎!」って思わせたら勝ちだと思うの。

クリックさえさせたらいいので、記事の内容はぶっちゃけどうでもいい。うーん、楽そう。

けど、人を不快にさせるのはお互いに気持ちよくないので、これは却下。炎上は眺めるだけでいいです。自衛手段を持たないまま火付け役になって恨みを買うのも困るし、自ら燃えてボロボロになるのもイヤだし。

会う人会う人に「ブログ読め」と強要する

キモいので却下。そもそも強要する相手がいない。

とにかく面白い記事を書く

これが出来たら誰も苦労しねーよっていう。コンスタントにアクセス稼ぐイケてる記事を量産できるなら、それだけでライターの仕事とか出来るんじゃないか。

その日あったことを面白おかしく表現するって、これはもう才能の域だろう。いきなりココを目指すのはちょっと厳しそう。

有益な情報を載せる

コーラの記事もそうなんだけど、ニッチな分野で詳しく書くとコンスタントにアクセスを稼いでくれるらしい。

そう考えると、やっぱり健全にアクセスを増やすにはコレが一番良さそう。読者はナイスな情報が手に入る、私はアクセスアップで自己満足。素晴らしい。

読者が求める情報とは何か

そもそもの話、現状このブログにどういう読者が居るのかを考える必要がある。たぶんこんな感じ。

日本にいる知り合い

日本の知り合いが求める情報か...近況報告に有益もクソないような気がする。今はこんな仕事してますよ、体調はこんな感じですよ、みたいな感じで十分そう。

プノンペン在住者

在住者向けのイケてる情報って何だろーなぁ。新参者の私より、先住民の方が私よりプノンペンに詳しいハズ。

「このカフェおすすめです〜」ぐらいだと、たぶん色んな人が既にやってるだろうし。

それなら、みんなが知り尽くしているような情報を、あえてガッチリ詳しく書くとかどうだろう。それならまだ出来そうな気がする。

アトピー患者

そういえば、最近アトピー関連の記事を全然書いてなかった。手の甲はかなりマシになったけど、肘周りと首は未だにガサガサしてる。マシにはなったけど、完治したワケじゃない。

アトピー持ちが知りたい情報といえば、そりゃもう「治るかどうか」という一点に尽きると思う。

私自身、割と快方に向かっているので、アトピー沈静化のためにカンボジアに来るのは全然アリだと思う。ただ、医学的な根拠とか一切ないので、あまり強く勧めることも出来ない。

アトピー持ちの人が数ヶ月単位でロングステイすると仮定した場合、費用がいくらぐらい掛かるとか、そういうのを調べておこうかな。

新たなターゲット層も考える

f:id:wn_trinity:20160523200031j:plain

今の「24歳、プノンペン在住プログラマ兼ウェイター」という特殊な環境を活かして、新たなターゲットも引き込めないだろうか。

  • 新卒入社した会社を3年で辞めて海外で働いてみた
  • カンボジア人のコーディングスキルについて
  • プノンペンで潰れかけのレストラン10選
  • 外国人客への接客で気をつけるべき3つのポイント

こんな感じの「おっ、ちょっと読んでみようかな」と思わせる記事を書いて、検索流入を狙う。この辺はもうちょっと経験値のストックがないと、偉そうなコト言えないな。しばらくこの案は寝かしておこう。

さいごに

とにかく色々手探りでしつつ、色んな記事を書いてみよう。月曜日に息抜き代わりに1記事更新ていう密かな目標、今んとこ達成できてるので継続したい。