読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

【プノンペン / カフェ】食事に、打ち合わせに。4人でもゆったり座れる Enso Cafe

アクセスアップ狙いの露骨な記事、記念すべき第一弾。

Enso Cafe

通りの雰囲気

f:id:wn_trinity:20160530111746j:plain

プノンペン市内でも有数の交通量を誇るモニボン通りとノロドム通り、そして街のシンボルでもあるロイヤル・パレス。これらを東西に結びつけるのが、ストリート240だ。

f:id:wn_trinity:20160530112401j:plain

ストリート240の中でも、ロイヤル・パレスに近い東側。大きな木々が生い茂り、遠くまで見渡すことができない。大通りからチラッと覗きみる程度では、この中がどうなっているのかは想像もつかない。

大通りの喧騒を離れ、私はこの小道に流れてみることにした。

f:id:wn_trinity:20160530112727j:plain

f:id:wn_trinity:20160530112749j:plain

f:id:wn_trinity:20160530112807j:plain

f:id:wn_trinity:20160530112815j:plain

以前、カンボジアはフランスの植民地だった。内戦以前から存在する建物にはフランス文化が色濃く残されている。

雑貨屋併設のカフェ、フェアトレードを謳うアパレルショップ、オーガニックが売りのコスメショップ、小洒落たインテリアがディスプレイされたアートルーム。東南アジアらしからぬボロい建物に挟まれて、時折ファッショナブルな空間が顔を見せる。

バイクでこの通りを抜ける時、私は不思議な空気を感じていた。外国人向けの店舗が多い割に、外国人をそれほど見かけない。カンボジア人はそれなりに見かけるが、近くの店や工事現場で働いている人ばかり。

重機やエンジンの音が、揺れる木々に吸い込まれ、風と共にさわさわと溶けてゆく。雑多なのに、ひどく閑静で。生活感があるのかないのか、よく分からなくなる。ただひとつ言えるのは、ここに流れる時間は、なぜか緩やかだということだった。

外観写真

f:id:wn_trinity:20160530122316j:plain

周囲の建物と比べると異質と言う他にない、白を浮かした近代的なビルが。

f:id:wn_trinity:20160530123808j:plain

近くの建物と比べてみると、異常なコントラスト。

f:id:wn_trinity:20160530124457j:plain

通りから一際目を引くのが、このビルの一階にある解放的なカフェスペース。外からでも中が広々としているのが伺える。

店内写真

客席

f:id:wn_trinity:20160530125446j:plain

ドアを開けて中に入る。入り口の近くには、いくつかの雑貨や冊子がディスプレイされていた。

f:id:wn_trinity:20160530125144j:plain

f:id:wn_trinity:20160530131516j:plain

f:id:wn_trinity:20160530131522j:plain

店内は解放的な空間が広がる。全体的に席同士の間隔がかなり広いため、ゆったりと座れる。青と緑のイスがなんとも可愛らしい。窓からの十分な採光も含め、客がリラックス出来るよう内装にかなり拘っている。適度な話し声が心地よく、お喋りするのにちょうどいい。

店内中央の席ではハッピーバースデーを歌っていた。誕生日を祝うようなシーンでも使えるらしい。

トイレ

f:id:wn_trinity:20160530141200j:plain

f:id:wn_trinity:20160530141204j:plain

ローカル層が多い他のカフェに比べると、きちんと掃除が行き届いており、かなり清潔。日本人が使っても文句がないレベル。

メニュー

表紙

f:id:wn_trinity:20160525015450j:plain

モーニング

f:id:wn_trinity:20160525015458j:plain

価格帯は2ドル〜8ドル。

サンドイッチ、パンケーキ、ベーコンエッグ、サラダ、エッグベネディクトなど...基本的な朝食メニューは全て取り揃えられている。

ランチ、単品サラダ

f:id:wn_trinity:20160525015500j:plain

ランチセットは6.5ドル〜17.5ドル、単品のサラダは全て5.5ドル。

ランチは野菜中心のヘルシーなメニューが多い。

ディナー、デザート

f:id:wn_trinity:20160525015508j:plain

ディナーセットは6.5ドル〜17.5ドル、単品のデザートは全て5.5ドル。

ランチに比べると肉料理の比率がやや高い。

ソフトドリンク

f:id:wn_trinity:20160525015511j:plain

1.5ドル〜4.5ドル。いくつもの野菜とフルーツをミックスした、スムージーやフレッシュジュースが看板メニューらしい。

f:id:wn_trinity:20160530155355j:plain

アイスコーヒーを頼んだら、クッキーがおまけで付いてくる。地味に嬉しい。

アルコール

f:id:wn_trinity:20160525015513j:plain

グラスワインは5.0〜5.5ドル、ボトルで15ドル〜26ドル。グラスワインの売値がかなり高い。 3杯以上飲むならボトル開けた方が経済的。

ビールはカンボジア・タイガー・ヒューガルデンのラインナップ。

その他

f:id:wn_trinity:20160525015517j:plain

f:id:wn_trinity:20160525015519j:plain

習い事のスケジュール表。マダムが好きそうなラインナップ。

客層

欧米系の若い女性がかなり多い。その他には、老夫婦、若いカンボジア人などがちらほら。

どんなシーンで使えるか

日本や外国からのクライアントと話をしたい。綺麗で、広くて、席の確保もしやすい場所が必要だ...という時にどうぞ。

全ての席が4人掛けで、テーブルがかなり広くて資料を広げやすい、話し声が目立たない。まさに会議や打ち合わせのためにあるようなカフェ。

f:id:wn_trinity:20160530131739p:plain

上の見取り図に電源タップの位置を載せた。PCやスマホを充電したい時には、電源タップが使える席を確保してください。

ちなみに、12:00-13:00辺りはランチ客で結構混んでいるため注意。

詳細

公式サイト

Enso Cafe | Offering contemporary Australian cuisine, locally grown and roasted coffee and healthy smoothies and fresh juices. Open 7 days from 7am until close

Trip Adviser

www.tripadvisor.com

アクセス