読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

カンボジアに来てから俯いて歩くことが多くなった

f:id:wn_trinity:20160825133307j:plain

近頃、俯いて歩きがちな自分に気付いた。

自信がないから、真っ直ぐに前を向けない。他人の目が怖いから、目線を上げられない。根っこにあるのは自意識過剰な劣等感か、あるいは肥え太った自尊心か。いずれにせよ、私の歩く姿を見た人は、どことなく陰鬱でネガティブなイメージを抱くだろうと思う。

対して、エネルギーに溢れている人はどうだろう。背中を丸めたり、下を向いたりはしない。いつだって前を見据えて、胸を張って歩く。

出来れば私もかく威風堂々と在りたいものだが、ことカンボジアでは、そう在り続けるのは途方もなく難しい。

なぜか?理由はひどく単純だ。

道端にトラップが多すぎるからだよ!!!

その辺のおっさんが食べた飯の残飯とか、轢かれたネズミの屍体とか、水たまりとか、ヤシの実とか、犬のう◯ことか、とにかく色々ありすぎなんだよ!

あとは放し飼いの犬が吠えてきたりとか。犬好きな私にとっては、吠えられるのは凄く悲しい。

2、3秒無言で見つめあって、「あ、コイツ吠えない系の人懐こいヤツなのかな?」って安心した後に満を持して吠えられる辛さよ。

呼吸を止めて1秒貴方真剣な目をしたからそこからガチで吠えられまくるのマジ俺ロンリネス。だったら最初から吠えて拒否反応を示してくれっていう。変に気を持たせるようなコトしないでよ!!

えーと、なんだっけ。とにかく、下向いて注意しながら歩かないと危ない。

場所によっては、道路の舗装が亀裂だらけでガタガタだったり、下水のフタがぶっ壊れてて落とし穴状態になってたり。マリオのステージかよってぐらいアドベンチャー

しかもこういう悪路を避けようとしたバイクや車が、クラクション連発しながら反対車線にはみ出して来るのも日常茶飯事。二次被害もあるから、すげぇ危ない。

そんな危険を回避するために、今日も私は下を向いて歩こうと思う。上を向いて歩こう?お前それカンボジアでも同じこと言えんの?