カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

人生で初めての一人暮らしがスタートしたよ

f:id:wn_trinity:20161002130112j:plain

私の新居です。完全に身の丈にあってない部屋。以前は窓なしの日光が差さない闇部屋に7年以上住んでたので、ギャップで目が潰れそう。毎日ムスカの気分が味わえます。

一人暮らしがスタートしたよ

日本に居てた時は実家にパラサイトしてたし、2月にカンボジアに来てから9月末までは、Belloや他会社のオフィス上階に居候させて貰ってた。なんだかんだで、一人で生活したことって無かったんだよね、今まで。あな恥ずかしや。

んでもって今月から、恥ずかしながら24歳にして初めての一人暮らしがスタートした。カンボジアで。笑える。

キッチンは無駄に広いし、家電も最低限揃えてあるし、普通に暮らす分には全く問題なし。角部屋なので風の通りも良い。

ただし突き当たりのガラスは解放できず、朝は部屋がサウナ状態になるのが唯一の難点。天然目覚まし機能付きと前向きに捉えておく。

あ、他にも難点あったわ。越してから1日目、朝起きたら部屋がアリまみれだった。朝一で変な声でたわマジで。アリの流れを追っていくと、部屋の中に1つ、外のベランダ外壁部分に1つ。計2つのアリの巣が出来てた。新築なのに先住民がいるとはこれいかに。

まぁ、あとから来たのは私だし...ご近所トラブルはできるだけ避けたかったので、引越しのご挨拶代わりにアリの巣コロリをプレゼントした。皆さん大喜びで部屋まで持ち帰っておられました。喜んで頂けて何よりです。翌日にはアリが9割ぐらいいなくなってた。効きすぎじゃね?

自炊を始めたよ

カンボジアで普通に外食しまくってると、10ドルは余裕で超える。うーん高い。これからは家賃光熱費も払っていかねばならないので、節約がてら自炊をすることにした。あへあへ実家パラサイトマンだった私にとっては、中々の冒険。

とりあえず、めんつゆ・醤油・味の素・コンソメ・その他香辛料を買い揃えた。これで和風から洋風までなんでもできるはず。たぶん。参考までに、今日までに作った料理一覧。

  • カポナータ
  • ペペロンチーノ
  • チキンリゾット
  • ナスとオクラの煮浸し
  • ゴーヤチャンプルー
  • トマトと卵の中華炒め
  • ミルク野菜スープ

パン、パスタ、米を主菜にして、おかずを作って一食1〜2ドルちょっと。手間が掛かって面倒臭いけど、外食するよりだいぶ安いね。毎日これを4人分以上やってたオカンの凄さをひしひしと感じてる。

だが、まだ炊飯器がないから米が炊けない。リゾットもしくはおかゆじゃないと、米が食えないという悲しい状況。親子丼とか作って食べたいけど、もうちょっと我慢せねば。

ちなみに、食費を一番安く済まそうと思うと、米が一番コスパ良い。ローカルマーケットで買えば、大体1kg50円ぐらいで買える。驚き。

それと近所の24時間スーパーで日清のインスタント麺を買ってきた。セールで24袋700円。袋は小ぶりだが、一袋30円ぐらい。安い。

f:id:wn_trinity:20161002134631j:plain

チリソース味とかチキンスープ味とか色々あったけど、無難に牛肉味にした。まだ食べたことないから味は分からん。こんだけあって不味かったら泣ける。

f:id:wn_trinity:20161002135158j:plain

ラーメン食った後のスープを再利用すれば、リゾットが作れる。やったぜ。衛生的にどうとか、貧乏臭いとか、そんなもんで腹は膨れないので気にしない。

カメラも手に入れたよ

デジタル一眼レフの入門機、EOS Kiss X7を手に入れた。撮影・編集・コンテンツ製作・WEBコーディングまでこなせれば、WEBの仕事の幅が広がりそう。夢が広がる。

まぁ撮影素人なので、練習がてら撮った写真をブログ、TwitterFacebookとかでアップしていこうと思う。写真が上手くなりたきゃ数こなすしかないそうなので。

用事がない限り外に出ない準ひきこもりみたいな生活を送っているので、カメラは引きこもりを脱するいい趣味になるやもしれぬ。ひったくられんように気をつけねば。

個人事業主の登録も進めてるよ

私の立ち位置はフリーランスみたいなもんなので、別に事業登録せずに仕事してたってバレやしない。店舗構えて商売してるワケじゃないし。

ただ、ここ最近はカンボジア政府も税金の取りっぱぐれを無くしたいらしく、徴税に熱を上げている。「ウチで商売すんなら、キチンと事業登録してくれよ!ちゃんと税金払えよ!」と、躍起になっているそうで。

今までは結構ゆるゆるで未登録でも黙認されていた部分もあったそうだが、おそらく数年以内にはかなり厳しくなってるだろう...という見方も多い。

まあ普通に考えたら、カンボジアで商売して住まわせて貰っている以上、納税するのは当たり前の話だ。そんなワケで、個人事業主の登録を進めている。Belloもお世話になっている、CIオフィスさんにその辺をお任せした。

ci-office.com

事業登録を進めるにあたり、居住証明と、オフィスの住所が必須だ。拠点がなければ、事業として登録すらさせて貰えないのがカンボジアの事情らしい。これに関しては、いま私が住んでいるこの部屋をオフィス兼住居として使うことにした。

余談だが、カンボジアの税金は決して安くはない。売上の10%は税金として持ってかれる。イタァイ!でも税金払わないと国が良くならないからね、仕方ないね。というか「税金払ったら成り立たないビジネスなんて、やる価値ないから止めた方がいいよ」というご指摘にぐうの音も出ませんでした。おっしゃる通りです。

一応、個人事業主の登録をするメリットといえば、VAT込みで請求書を作れるということと、信用を得られるっつう2点ぐらいかな?

VATは「Value Added Tax」の略語で、サービス・商品に対して10%課税される税金のこと。消費税みたいなモン。事業登録をすると、事業者にはそれぞれVAT番号が割り振られる。このVAT番号があると、VAT込みで請求書が切れるようになる。

要するに、私が事業登録をしていれば、クライアントはWEB製作費を経費計上できるようになるのだ。個人でVAT出せる人は少ないハズなので、これを営業トークに使おうかなと考えてる(ゲス顔)仕事が増えるよ!やったねワタちゃん!まだ登録終わってないから、VAT出せないけどな!