読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

カナディア銀行で屋号名義の事業口座を開設してみたよ

カンボジア 起業しました

従業員ゼロの個人事業なのに、なぜか「ミディアムタックスペイヤーとして登記せんかい!」と税務局に言われた。

そのせいで、想定してたスモールタックペイヤーよりも多い書類を用意せねばならなんだ。なんでや。ワシなんて零細もええとこやのに...。

これに伴って、ちゃんと事業用の口座を作らんかい!とのお達しが来たので、屋号入り事業口座の残高証明書が必要になった。ふぬぬ。事業と個人の口座を分けるのはおかしくないんだけど、めんどっちい。どこで作ればええのやら。

カナディア銀行で事業口座を作ることにした

Canadia Bank Plc.

知人に相談したところ、「カナディア銀行なら、パスポートさえあれば事業口座作れたよ!1年前の話だけど」という情報を入手。

f:id:wn_trinity:20161029034609j:plain

じゃあカナディア銀行で口座開設すんべー、と窓口にブイーン行ってババーッと行員に説明してパスポートバチーンと見せたところ、「それじゃ足りひんで。これ全部用意して出直せやオラ」と言われた。

  • 事業登記の証明書
  • 事業登記の際の領収書
  • 社印
  • パスポート

現在は規制が厳しくなったらしく、パスポートだけじゃ屋号での事業口座は作れなくなったっぽい。なんと、めんどっちい。

とりあえず書類を全部用意して再びアタック。登記照会やら何やかんややって、無事に口座開設完了。所要時間2時間くらい。

ただし、肝心の残高証明書の発行には年間15ドル掛かるらしい。なんと。これがないと税務申請が終わらんので、しぶしぶ15ドル払った。必要経費。

ついでにABA銀行で個人口座も作った

www.ababank.com

事業口座が作れた。けども個人口座を未だ持たず。

普通預金金利の高い銀行を選んで利息モグモグウマウマと思ったけど、タネ銭も少ないし...ということで、普段使いで便利なABA銀行で口座開設することにした。

再び銀行窓口にウェイウェイ行ってパスポートスパーン出して口座パッカーンしたかったけど、行員さんは「個人口座ね。ハイハイ...カンボジア在住?だったら働いてる会社名と賃貸契約書を見せんかいコラ」と言われた。またかよ。パスポートだけじゃ口座作れないの?どういうこった。

あるけど今は持ってないんよ、と「宿題やったけど家に忘れました」て感じの小学生メソッドを使ってみた。行員さんは「じゃあ後でいいよ」と手続きと進めてくれた。これで通るんかい。厳しいんか緩いんか分からぬぞ。

そのまま口座開設完了。所要時間1時間。あらアッサリ。まぁ後で書類持ってこなアカンけど、とりあえず終了。

なんか色々厳しくなってるっぽい

f:id:wn_trinity:20161029040826j:plain

事業者登録、税務手続き、口座開設。官民ともに、色々と厳しくなってんのかな。ちゃんと税金払えよオラー、チョンボすんなよヘイメーン。て感じの、カンボジア政府の強い意志を感じた。

1年前はOKだったのがNGになってたり、申請書類が増えてたり。やっぱカンボジアって時代の流れが早いのね。移住8ヶ月目にして初めて実感したよ。超鈍感。ウケる。