カンボジアで働いている人の備忘録

24歳、なんかカンボジアで起業したみたいです(他人事)

カンボジアで9ヶ月暮らしたらアトピーが劇的に改善した件について

2016/01/23、日本に居た頃の左手。超赤い。んでもって痒い。マックスつらたんな時期。

f:id:wn_trinity:20161108125523j:plain

2016/03/29、カンボジア移住2ヶ月目。赤みが劇的に引いた。よーく見るとカサつきが残る。

f:id:wn_trinity:20161108125335j:plain

2016/11/08、カンボジア移住9ヶ月目。パッと見ではアトピーと分からないぐらい。

f:id:wn_trinity:20161108125254j:plain

カンボジアで暮らす前のアトピーの状況について

冒頭の写真1枚目が、カンボジアで暮らす前の状態。

一番悪化してた時期だと、肘・膝・首・瞼から浸出液ドバドバ、間接曲げると皮にバリバリ亀裂が入って超痛い、布団に入れば掻きむしって布団血だらけ、起きてると痒くて粉撒き散らし服汚れまくり。そんな状況だった。

朝起きると瞼が浸出液?でガチガチに固まってるせいで、洗面所で顔洗うまで目が開かないなんてこともあったり。

手の届く範囲で効きそうな民間療法は、胡散臭いものも含めて全部試した。

今思えば眉唾たっぷりの水素水、オーガニック食材、糖質制限、半身浴、保湿、睡眠時間改善、運動。巷で噂になったようなモンは大体試した。が、効いてるような気になってただけで、劇的な改善は見られず。

カンボジアで暮らし始めてからのアトピーの状況について

カンボジアでは、日本で実践していたようなアトピー対策は全て中断せざるを得なかった。

部屋にはバスタブがない。固定シャワーのみ。じっくり半身浴で汗をかくなんてことはできなかった。

その上、居候の立場のためキッチンは中々使えない。その上、昼はプログラマーとして働き、夜は22時半過ぎまでウェイターをしていた。オーガニックな食品を揃えて自炊する、なんて余裕もなかった。

結果的に、外食中心でピザやパスタを食べたり、24時間スーパーで買った菓子パンとジュースなどで食事を済ませることが当たり前になった。食事制限なんぞクソ食らえの日常だった。

そして、平均温度30℃のカンボジア。カフェやオフィス以外のクーラーが効かない場所だと、日常的に汗をかく。

私が居候させて貰っていた部屋も扇風機のみだったので、じっとり汗に塗れながら寝る毎日だった。アトピー持ちにとってはあるあるだが、汗をかくと痒さが10倍増し。

そうなると、やはりまぁ、掻きむしってしまう。汚い話だが、自分の身体が何の液体でベタベタしてるのか分からなくなるぐらいに。汗なのか、血なのか、あるいは浸出液なのか。

そんな感じでカンボジア1ヶ月過ぎた頃の写真が、冒頭の2枚目。ビックリするぐらい赤みが引いてる。

そこからさらに8ヶ月経過したのが3枚目。知人から「え?アトピー?全然気づかなかった」って言われるぐらいにまで良くなった。まぁ、手首、首、肘裏あたりは、まだゴワゴワしてるし痒みも残ってるけど、かなりマシ。

ちなみにコレは、今の肘裏の写真。悪化時の写真がなくて比較できないのが残念。

f:id:wn_trinity:20161108133015j:plain

サッパリ綺麗に元通り、とまでは言えないかもしれないけど、肘をグッと曲げたらバキバキバキ!逆にピンと伸ばせばピキピキピキ!結果的にポパイ的な感じでちょっと肘曲げた格好しか出来なかった頃に比べれば、だいぶ良くなったと思うよ。

カンボジアの何がアトピーに効いたのかサッパリ分からん

カンボジアでの何かが良い作用をしたんだと思うんだけど、要因がサッパリなんだよなー。マジで。誰か皮膚科医の人、カンボジアに滞在してアトピーの経過観察してほしい。医学的な根拠があれば、アトピーに悩んでる人がもっと減るんじゃなかろうか。

だって、私だけじゃないんだよ。カンボジアアトピーが良くなった人って。私以外にも四、五人ぐらい。ネットで取材受けてる方だと、例えばこの方なんかもそう。

atopyrecording.org

この方と一度だけ直接お話しする機会があったんだけど「なんで良くなったか分かんない。たぶんカンボジアが肌に合ってたんじゃないかな?」って言ってた。改善した本人もワケ分かんないのよ。原因不明の治癒。わけわからんち。

こっから先は私の体験談。医学的見地に一切基づかない、「なぜアトピーが良くなったか?」についての、私の個人的な見解。

まずストレス。これはない。ストレス抱えるほど仕事してなかったし。だって社内ニートだったもん!仕事が暇すぎてメンタルやられるほど、贅沢な精神構造してない。ストレス強すぎてアトピー悪化した説は却下。

食べ物も関係ないよーな気がする。日本にいた頃よりジャンキーなもん食べてるし。お菓子とかパンとかジュースとか。そもそも成城石井的なセレブ御用達あへあへオーガニック食料品店なんかもないし、サプリメント類も高いので、もう使ってないんだよね。栄養のおかげで改善したとは思えない。

んで、別に早寝早起きもしてないし。生活習慣はどちらかというと不規則だった。夜中2時に寝て朝7時に起きたり、朝4時寝で昼11時に起きたり。昼夜逆転スレスレな生活リズム。

んで入浴方法。温水シャワーのみ。水で洗い流すだけだと、日中の発汗量のせいでサッパリした気がしないので、石鹸で全身テキトーに軽ーく手で洗ってた。巷の「アトピー患者におすすめの入浴方法」とは真逆じゃねコレ?

あと空気も関係なさそう。カンボジアっつうか、私が住んでるプノンペンてすっごく空気が悪いのね。大阪以上に汚いんじゃねーかなと思う。排気筒から黒煙上げながら爆走してる車すげー多いもん。バイク乗ってると避けらんないから、半端ない勢いで鼻の穴が真っ黒になるぐらいだし。

business-partners.asia

business-partners.asia

アトピーが良くなった要因を消去法で2つに絞ってみた

となると、アトピー改善について、私が思いつく要因は2つ。

1つ目は、住環境。住んでた部屋が悪かった。ホコリ、カビ、ダニ、ハウスダスト...私の住んでいた部屋の環境が、たまたまアトピーを悪化させる条件が揃っていたんじゃね?という説。その部屋を飛び出して別の住環境に移ったから、アトピーが改善した。引っ越した先がたまたまカンボジアだったと。

2つ目は、気温と湿度。カンボジアって通年で30℃ぐらいなのね。ずーっと夏。んで、ジメジメしてなくてカラッとしてる。日本と違って、木陰にいたらそれなりに涼しい。暑いんだけど常に除湿されてるような感じ。ベタベタしない。これがアトピーに良かったのかな。

正直、このぐらいしか思いつかなかった。他に何かあるかな?

さいごに

こんだけ医学が発展してて、アトピーの原因て未だにハッキリしない。

医者でもない私がアレコレ言うのもどーかと思うが、「こういう経緯で改善したよ!」という体験レポートとして読んでくれれば幸いです。

私個人としては、色んな商品や治療法に手を出してなお改善しないのであれば、東南アジアで3ヶ月ぐらい暮らすのもアリじゃないかなーと思ったり。

その他アトピー記事はこちら

wn-trinity.hatenablog.com

wn-trinity.hatenablog.com

wn-trinity.hatenablog.com